記事一覧一覧

ジスロマックの投与方法

ジスロマックの投与方法には飲み薬以外に『ジスロマック点滴静注用500mg』を使用される事があります。その場合、5日間以上投与されることはあまりありません。もし症状が改善されてきたなら、経口で投与できると判断されたなら、アジスロマイシン錠に切り替えられます。

ジスロマックとは

ジスロマックは細菌から起こる感染症に効果がある抗生物質です。マクロライド系抗菌薬に分類されて、細菌のタンパク質が合成されるのを抑えられます。クラミジアの治療なら、血中濃度を高くして一気に効果を発揮させるとさらに効果的です。

ジスロマックの使い方

ジスロマックは、飲み方を間違ったりしても自分の判断により量を減らしたり、症状が改善してきたとしても服用を中止するのはいけません。飲むときは空腹時にしましょう。ドライシロップの場合は水と混ぜて飲みます。

ジスロマックの即効性

ジスロマックなどの抗生物質は、通常は1日から2日経過すると効果が出てくるものなので、3日経っても効果が感じられなければ無効と考えられます。また、服用後3週間から4週間後には検査を受ける必要もあります。

ジスロマックはすぐ効きますか

ジスロマックはすぐ効くのかと言うことについて、飲んだ方の体験を探ってみると、クラミジアの治療では1週間ほどで効果が出てきたという声もありますし、通常では3日頃には効果が出てくるとされています。また、1回飲むだけで効果がある点もポイントです。

ジスロマックとサワシリンの違い

ジスロマックはマクロライド系の抗生物質であり、細菌が原因となる感染症に効果がありますが、サワシリンは風邪の悪化症状やヘリコバクターピロリ菌の除去に用いられる点が、異なります。また、サワシリンは市販されていない点も特徴です。

ジスロマックの後発薬アジー

アジーは、インドのシプラ社と言う製薬会社が開発した、ジスロマックの後発薬です。ジスロマック自体よりも安価ではありますが、それでも効果に関しては違いはほぼありません。ジスロマックよりもさらにコスパが良いという点も特徴です。

ジスロマックは個人輸入できます

ジスロマックは、輸入が営利目的でないと地方厚生局に届け出がされていれば、合法で個人輸入できます。ジスロマックを個人輸入するとすれば、オオサカ堂やベストケンコーなどの通販サイトを利用するのがおすすめです。

クラミジア治療薬ジスロマックの副作用

ジスロマックの副作用は、他の抗生物質と比較して少ないとされています。しかし、下痢を起こしやすい特徴があります。そして、まれにアナフェラキシーショックを起こしてしまう可能性がありますし、スティーブンス・ジョンソン症候群などが起きることも考えられます。