ジスロマックの後発薬アジー

ジスロマックの後発薬であるアジーとはどんな薬だろう?


今は、様々な薬に後発薬(ジェネリック医薬品)が出ています。それはジスロマックも同様であり、アジーという後発薬があります。そこで今回は、アジーの特徴などに関して迫ってみます。

アジーとはどんな薬なのか知っておこう


アジーは、ジスロマックのジェネリック医薬品であり、シプラ社(インドの製薬会社)が開発しました。クラミジアや淋病などといった性感染症を主として治療する薬です。アジーは即効性が高い特徴があり、これまでの治療薬と比較しても短期間の間に完治できるとされています。食後2時間以上経ってからか、空腹時に服用しましょう。250ミリグラムであれば1日2回、500ミリグラムなら1日1回の服用となっています。特に人気なのは1000ミリグラムであり、3日に1度の服用となります。これまでの抗生物質では胃酸の影響を受け効果が薄らいでしまっていたのですが、アジー(ジスロマック)なら胃酸の影響を受けないので、高い濃度で細菌に作用してくれます。アジーは、クラミジア感染症だけでなく喉の炎症、尿道炎、子宮頚肝炎などといった炎症を起こしてしまう症状に効果が期待できる抗生物質です。

アジーはコスパに優れていて個人輸入代行サービスで購入可能


アジーはインドの製薬会社で開発されたジスロマックのジェネリック医薬品ですが、家にいながらにして直に個人輸入をすることができるので、医療費をそのまま節約するのも可能となっています。アジーを購入された方の意見としては、ジスロマックよりもコストパフォーマンスが良く、ジスロマックと比べても効果は変わらないというものもあります。また、アジーはジスロマックと同様に、個人輸入代行サービスを利用して購入することも可能です。海外の医薬品を個人輸入するのは厚生労働省でも認められているため、問題はありません。ただ、アジーを購入できる数量には限りがある点も、知っておく必要があります。とは言え、その数量も個人輸入代行サービスにおいてあらかじめ制限がかかっているため、特に購入者側がすることはないでしょう。それに、アジーは自分自身が使用する分のみしか購入できません。譲渡することはいけませんし、家族の分も購入できないということになります。オオサカ堂という個人輸入代行サービスでは、アジー1000ミリグラムが10錠で1箱3858円となっています。