ジスロマックとは

ジスロマックはどんな薬なのか探ろう!


ジスロマックという抗生物質がありますが、使用するとなるとジスロマックがどういった薬なのかを知らずに使用するのは怖いでしょう。そこで今回は、ジスロマックがどの様な薬なのかを探ります。

クラミジア感染症の治療に使われる代表的な薬!


クラミジア感染症の治療において、使われる薬の代表とも言えるのが、ジスロマックです。ジスロマックは、病院処方のものを服用する手段もありますが、個人輸入も可能です。そして、細菌から起こる感染症に効果が得られる抗生物質です。マクロライド系抗菌薬に分類されて、細菌のタンパク質が合成されるのを抑制できるので、細菌が増えるのを抑えられるのです。濃度が高ければ、殺菌にも多く使われるので、マイコプラズマやクラミジアの細菌にも効果が見込めます。色々な細菌について使われるので、病院にでも多く使われています。ジスロマックは錠剤がありますが、その他にもシロップ剤やカプセル剤などの種類があるのも特徴です。さらに、ジスロマックなどの抗生物質を途中で飲むのを止めると、中途半端で止めたことで薬剤に対する耐性が付いたり、クラミジア等の細菌が反対に増加してしまう可能性もあります。それにより、薬の効果がきちんと得られなくなります。よって、飲み方はしっかりと守るのがカギとなります。もし飲み忘れてしまったとしても、2回分を1度に飲むというのは避けるのが賢明です。ジスロマックは、飲み忘れしないように『1日目』『2日目』『3日目』と日付けがシートに記載されているものがあるため、それに従うようにするのが大事です。

血中濃度を高くして一気に効果を発揮させるとより効果的!


クラミジアの治療においては、薬の成分に関して、血中濃度を高くして一気に効果を発揮するため、効果が得られます。この期間であれば治る可能性は90%を超えるのです。ジスロマックは、1度服用するだけでも体内に留まる時間が長いのが特徴です。それが可能となる理由は、アジスロマイシン水和物が有効成分として含まれていることから、水に溶けにくい性質なので、体内で長く留まれます。ジスロマックは淋病にも効果が期待できますが、感染力の強い淋菌に感染することで、発症してしまいます。感染確率も高く、治療が済んでも再感染する可能性もあります。それに、クラミジアを併発しているケースも多いです。よって、淋病とクラミジアの両方の治療にジスロマックが有効と考えられます。淋病の治療には、ジスロマック以外にもアモキシリン等が処方されます。